FINEST ARTICLES feat. Objekt

  • 01.25 (Fri) 22:00 ~ 05:00
  • Techno
  • ObjektAkiram EnMari SakuraiAOKI takamasaShintaro.DAtsuki

Studio:
Objekt (PAN | Hessle Audio | UK)
AKIRAM EN
Mari Sakurai
YUI (DREAMESCAPE)

Contact:
- STREET SMART -
AOKI takamasa -DJ set
Shintaro.D (INIT)
erica
Atsuki
Machiko

Foyer:
Bugoctet (null')
Ryo (Congress Dance)
Kittyman
Sakura Tsuruta
Hairi Oku (REMEDY)

supported by COCALERO


『肉体を躍らせ意識をねじらす唯一無二の電子音』

2018年に始動して以来、話題の強力アーティストを次々とブッキングしてきたFinest Articles。2019年初開催となる今回のゲストに、独創的なダンスミュージックを紹介していく新たな1年に向けて今もっとも注目を集めるひとりObjektの出演が決定した。Objekt名義のホワイト盤12インチを立て続けに発表した2011年以降、TJ Hertzはダンスフロアで機能するテクノとエレクトロニカの領域でもっとも創意に富んだ活動を行うアーティストとして脚光を浴びている存在だ。表現力の新たな地平を切り開く先進的なサウンドデザインを取り入れるスタイルと、クラブミュージックとして機能する優れた肉体性に対する鋭い感性によって、唯一無二の個性を確立してきた。12インチのシングル作品を通じてダイナミックなクラブミュージックを発表する一方、アルバム作品ではそのフォーマットの特性を存分に活かして広範な電子音楽の可能性を追求。2018年には、サウンドのダイレクトなインパクトを一切失うことなく、誰も踏み入れたことのない孤高のサウンドスケープを描いた大作「Cocoon Crush」をリリースして衝撃を与えた。そして、そのインパクトと独創性を等しく表現してきたのがObjektのDJセットだ。その卓越性は、2018年にmixmagの“DJ of the Year”に選出されたことでも証明されている。今回のFinest Articlesでは、Studio Xフロアがオーディエンスとともにバラバラに破壊され、新たに生まれ変わることになるだろう。その空間を飛び交うのは、新旧のあらゆるエレクトロニックミュージックをつうじてBPMを自由に行き来するObjektの孤高のクリエイティビティだ。
Contactフロアは、ゲストにAoki takamasaを迎え、Contactの平日イベントの中でも記録的な集客と高いクオリティを持つStreet Smartが週末初開催となる。
Foyerは、着実に実力を磨き続けるBugoctetをはじめ若手の注目のDJが集う。


「Mind-bending, body-moving electronics from a true original」

After a strong run of high profile line-ups throughout 2018, Finest Articles returns to Contact in late January with a booking that sets out a strong agenda for another year of forward-thinking techno. Since emerging as Objekt with a series of white-label 12”s in 2011, TJ Hertz has shone bright as one of the most inventive artists currently working in the
field of dancefloor-oriented techno and electronica. With a style that celebrates the expressive potential in cutting-edge sound design and a killer instinct for the physicality of the best club music, he’s carved out a unique identity. Beyond the dynamism of his club 12”s, Hertz has made full use of the album format for broader explorations of his craft. 2018’s Cocoon Crush found the Berlin-based producer pushing into wild, uncharted territory without ever losing the immediacy of his music. That immediacy is in part shaped by his equal proficiency as a DJ, which was borne out by winning Mixmag’s DJ Of The Year last year. When he comes to Finest Articles you can expect the Studio X Floor to be refigured, reenergised, built up and broken down repeatedly as Hertz explores pathways through all manner of classic and modern electronic music, regardless of tempo constraints.
Street Smart, attracting the high number of audience with eminence quality will organize the Contact floor welcoming Aoki Takamasa as guest DJ.
Also, Bugoctet and other young up coming DJs will perform at Foyer floor.


Open 10PM
¥1000 Before 11PM
¥2000 Under 23
¥2500 GH S Members
¥3000 w/Flyer
¥3500 Door