Past Event

This event was held on 2021.11.02 (Tue).

For more information about the event please go here

HERBALISTEK presents SECTOR A Bass Music Experience
11.02 (Tue) ⇨ 11.03 (Wed) | SOUND MUSEUM VISION, TOKYO, JAPAN

HERBALISTEK presents SECTOR A Bass Music Experience

  • date_range 2021/11/02 (Tue) 22:00 - LATE
  • grade Bass Music
  • labelGOTH-TRADHerbalistekAllen MockDayzeroKARNAGEFetusVJ MANAMIrumitoastKANOYA PROJECTsi oux hiroyuki arakawa

■LINE UP
<GAIA>
GOTH-TRAD [DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill]
Herbalistek
Allen Mock
Dayzero & Karnage
Fetus
Bopcorn
comm
p355
VJs:
VJ Manami
Rumitoast
Shun Nagasawa
Deco : KANOYA PROJECT
Perfumer:si oux








<DEEP> “SPECTRA”
Hiroyuki Arakawa -LIVE-
SACRA
Chrumi
Remi Ohsugi
c0ca
Kanzawa Chika
Neguse

<WHITE> “Beginning”
SAKO
Akatsuki
Mocha
3icrowave
No Way
TAKUMI
Puster
S@vaMiso
KONOMI
KBTK
DJ Kai

<D-LOUNGE>
Vinyl Youth


日本のベースミュージックシーンを牽引するHERBALISTEKがプロデュースする、ベースミュージックに特化した五感体験型イベント ”SECTOR” 日本初のレギュラーDubstepパーティーそしてレーベル”Back To Chill”主宰、ヘビーウェイト・ミュージックを生み出すサウンド・オリジネイター”GOTH-TRAD”をゲストに迎える


日本のベースミュージックシーンと海外のシーンの架け橋として重要な役割を担うプロデューサーデュオ Herbalistek が仕掛けるベースミュージックに特化した五感体験型イベント ”SECTOR”。日本では初の試みとなるフリーフォームベースミュージックを主とし、シーン最前線を駆け抜けるDJ/プロデューサー陣がラインナップされ、7月に産声を上げた。「次回はいつ開催されるのか?」と、開催直後に問合せがくるなど非常に大きな反響を得た。数々のトラックを量産した充電期間を経て、いよいよVol.2が開催される。
ヘッドライナーゲストには、日本初のレギュラーDubstepパーティー兼レーベルである ”Back To Chill” の主宰にしてヘビーウェイト・ミュージックを生み出すサウンド・オリジネイター”GOTH-TRAD”の参戦が決定!海外ツアーや国内公演が中止になったコロナ禍において積極的な制作とレーベル運営をしていたらしく、今回のステージへの期待が一層高まる。
また、日本国内のプロデューサーに焦点を当てるという”SECTOR"のコンセプト通り、HERBALISTEKが日本のアンダーグラウンドアーティストを発掘。今回はDayzero & Karnage、Fetus、と2組の新星が登場する。
さらに、盟友Allen Mockに加え、Bopcorn、comm、p355もラインナップされ、
最先端のサウンドデザインと、VISIONが誇るサウンドシステムで、ベースミュージックファンにはもちろん、ベースシーン未経験のゲスト達にとっても奇妙かつ非現実的な夜を演出する。
ダンスミュージックの方程式にとらわれない自由かつ多彩な音域を取り入れた低音で、ベースヘッズ達にとって忘れられない一夜を創り上げるだろう。





You must be 20 or over with Photo ID to enter.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。 年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

  • GOTH-TRAD
  • Herbalistek
  • Allen Mock
  • Dayzero
  • KARNAGE
  • Fetus
  • VJ MANAMI
  • rumitoast
  • KANOYA PROJECT
  • si oux
  • hiroyuki arakawa
share Pop-out