TICKET

  • Select

EDGE HOUSE RAVE

01.08 (Fri) ⇨ 01.09 (Sat) @ SOUND MUSEUM VISION place
EVENT DETAILSopen_in_newkeyboard_arrow_down

Past Event

This event was held on 2021.01.08 (Fri).

For more information about the event please go here

EDGE HOUSE RAVE
01.08 (Fri) ⇨ 01.09 (Sat) | SOUND MUSEUM VISION, TOKYO, JAPAN

EDGE HOUSE RAVE

  • date_range 01.08 (Fri) 22:00 ⇨ 01.09 (Sat) 05:00
  • grade Techno / Drum & Bass / House
  • labelKZMTTOMOYA YAMASHITAVJ MANAMIsi oux KANOYA PROJECTFLEDtokyo
開催延期のお知らせ

政府の緊急事態宣言、東京都の営業時間短縮要請に伴い、政府の要請を受け開催延期と致します。
振替日程分かり次第、各SNS、こちらにてご報告致します。




2021.1.8.FRI
EDGE HOUSE RAVE

<GAIA>
KENTACATS & KZMT
TOMOYA

GUEST:
RAVE RACERS
YOHJI IGARASHI
GHOST PROUCER BF

VJ:VJ MANAMI / Shun Nagasawa
Deco : KANOYA PROJECT
Perfumer:si oux

<DEEP>”Beginning RAVE”
Maru
SAKO
yuri
MASTAD
MC D2
Mocha
AKATSUKI
HiTOMi
RANA
Skrambla
DJ 86KT
No Way

<WHITE>
AYHEM
Dirty Tiger
FledTokyo
Hayato Iwaki
yukoyukoyuko

<D-LOUNGE>
BOBBY
SANTA
AIKO INOUE
KiRK
howard
AMΛ
MG Hepburns
CHORDTUNEZ
na-na
YOSHIAKI
USSY
naovillan
Turner

OPEN 10PM
1000YEN - Under23 | Before 23:00
2500YEN – DOOR

==============================================

EDGE HOUSE RAVE
1980年代後半のイギリスで生まれ、再注目を浴びている最重要アンダーグラウンドムーブメント「レイヴ・カルチャー」をコンセプトにしたEDGE HOUSE 流レイヴ・パーティ“EDGE HOUSE RAVE” が1年の封印を解きニューイヤーに復活!

1980年代後半のイギリスで生まれた最重要アンダーグラウンドムーブメント「レイヴ・カルチャー」をいち早くフューチャーし、2019年に2回開催されたEDGE HOUSE流レイヴ・パーティ “EDGE HOUSE RAVE”が約1年の封印を解き、ニューイヤーパーティにて復活します。

今回ゲストに迎えるのは、Creative Drug Storeのメンバーとして活動するラッパー/ビートメイカーのJUBEEが立ち上げたダンス・ミュージック・プロジェクトRave Racers。詳細は不明だが様々な分野で活躍するクリエイターたちを中心に構成され、90年代、00年代のカルチャーに影響を受けつつ現行のレイブ・テクノとして昇華したサウンドの作品リリース、パーティを展開しています。
また、これまでに様々なアーティストへ楽曲提供・Remixに定評のあるトラックメイカーYohji Igarashi、正体不明のDJ GHOST PROUCER BFの2組もゲスト出演が決定しました。

「レイヴ・カルチャー」は、当時のイギリス国内の社会不安、政府への抵抗を発端に、音楽に溺れ自由を求める若者たちがアシッド・ハウス、テクノ、サイケデリック、レイヴァー等を生み出したカウンターカルチャーとして知られており現在最も注目を浴びています。というのも、ウイルスの脅威により混沌と化した2020年は30年前の社会情勢と酷似しており、シーンにはレイブ・サウンドが見事に浸透しており、新たなカルチャーがまさに生まれつつあるのです。
世界的な注目度が高まる”レイヴ”をそれぞれの解釈でプレイする本イベントへ是非足を運んで、実際に体感してください。

  • KZMT
  • TOMOYA YAMASHITA
  • VJ MANAMI
  • si oux
  • KANOYA PROJECT
  • FLEDtokyo
  • Supported by EDGE HOUSE
share Pop-out