このイベントは終了しました。

このイベントは2018.06.22 (Fri)に開催されました。

イベントの詳しい情報はこちらをチェックして下さい。

購入

OCEAN with Efdemin

  • 06.22 (Fri) 22:00 ~ 05:00
  • Techno | House
  • EFDEMINHARUKAIORIPI-GE

Studio:
Efdemin (Dial | Naïf | Curle | Berlin)
Haruka (Future Terror | Twinpeaks)
IORI (Bitta | Semantica)

Contact:
DJ Pi-ge (Vis Rev Set)
Yasu (ARTEMIS | Fasten Musique)
Atsuki (SUNNY)
Okada
Karuta (#FLUX)


『話題のドイツ人DJによる潜水系ハウス&テクノ』

東京を拠点に目覚ましい活動を展開しているIoriとHarukaが仕掛けるサウンド航海の旅、OCEAN。6月の出航でふたりがゲストとして招聘するのは、ベルリンのPhillip Sollmann - Efdemin名義での活動で知られるDJ/プロデューサーだ。

"Dial"、"Curle"、"Liebe*Detail"といったレーベルの常連アーティストとして、Efdeminは緻密な変化でエレガントな効果を生み出すハウス/テクノを通じて評価を獲得してきた。2008年に発表した「Carry On, Pretend We Are Not In The Room」での盤石なディープハウス・セットにより、ミックスにおける非凡な才能を披露した彼は、テクノに重点を置いた新たなミックスCD「Naif」を先日発表したばかり。既に各方面から高い評価を獲得していることは、EfdeminのDJスキルの証明だと言えるだろう。この日も、新旧を問わないディープな選曲で存分にStudio Xフロアを沸かしてくれるに違いない。

対するIoriとHarukaが照らし出す航路も気になるところ。DJ Nobuと共にFuture Terrorのレジデントを務めながら脚光を浴び、今や日本のテクノシーンにおけるスリリングな存在として独自に地位を確立したHaruka。繊細なサイケデリアから堅実な機能性までカバーするDJアプローチにより、ヨーロッパなど国外にも活動の場を広げている彼がフロアを大海原へとナビゲートする。

テクノに高純度の陶酔性を掛け合わせた刺激的なサウンドで地位を確立したIoriは、近年、プロデューサーとして一層の活躍を遂げている。これまでのアルバムではアンビエントやドローンからの要素も取り入れつつも、シングル作品で新たな領域に派生する新鮮なテクノサウンドを提示。今回はその多岐にわたる影響をOCEAN号のデッキに乗せ、新たな音楽大陸を目指して舵を切る!


「Deep-diving house and techno from a highly regarded German selector」

OCEAN is an expedition to a vast sonic expanse organised by respected Tokyo-based sound explorers Iori and Haruka. For their June voyage, they have invited Berlin DJ and producer Phillip Sollmann, best known for his work as Efdemin.

A regular fixture on Dial, Curle and Liebe*Detail, Sollmann has built up a reputation for elegant, subtle deep house and techno. His mixing talents were well documented on the impeccable deep house set Carry On, Pretend We Are Not In The Room back in 2008, and now he’s returned to the mix CD format with the more techno-oriented Naif. The widespread acclaim for the compilation is testament to Sollmann’s skills as a selector, and you can expect to hear all manner of deep-cover selections, new and old, during his appearance on the Studio X Floor.

Welcoming the German crewman on board, OCEAN’s two residents will discover the best sound route for him. Future Terror’s Haruka came to light through his close working relationship with DJ Nobu, but he’s quickly established himself as a thrilling force within Japan’s techno scene in his own right. Now playing in Europe and other places, Haruka’s considered approach can span from delicate, psychedelic to tougher, more functional techno.

Iori has been going from strength to strength as a recording artist, establishing himself in the most interesting intersections of techno and experimental music. While his albums can touch on ambient, drone-based music, his singles present intriguing variations on the techno format. These divergent influences feed into his craft, and his approach behind the decks at HMS OCEAN. All aboard!

  • EFDEMIN
  • HARUKA
  • IORI
  • PI-GE
share 新規ウィンドウ