このイベントは終了しました。

このイベントは2018.03.13 (Tue)に開催されました。

イベントの詳しい情報はこちらをチェックして下さい。

このイベントは終了しました。

このイベントは2018.03.14 (Wed)に開催されました。

イベントの詳しい情報はこちらをチェックして下さい。

購入

FROM THE JAM - THE BEST OF THE JAM - “THE PUBLIC GETS WHAT THE PUBLIC WANTS”

ザ・ジャムの名曲を、オリジナル・ベーシストのブルース・フォクストンが蘇らせる!

  • 03.14 (Wed) DOOR: 18:30 START: 19:30
  • Punk rock / Mod revival
元ザ・ジャムのブルース・フォクストン率いるフロム・ザ・ジャム、往年の名曲をパフォーマンスする『ベスト・オブ・ザ・ジャム』ライヴの開催が決定!

元ザ・ジャムのブルース・フォクストンを中心としたバンド、フロム・ザ・ジャムによる、ザ・ジャムの名曲たちを携えた『ベスト・オブ・ザ・ジャム』ライヴの開催が決定!往年の名曲たちが蘇るプレミアムなショウをお見逃し無く!

1977年の結成から1982年の解散に至るまで、UKパンク・シーンの旗手としてシーンを席巻し続けた、ポール・ウェラー、ブルース・フォクストン、リック・バックラーの3人で結成されたパンク・バンド、ザ・ジャム。パンク・ムーブメントの真っ只中にデビューした彼らは、パンクロックに留まらずR&Bやソウルなど幅広い音楽を取り入れたサウンドで、音楽ファンのみならずブラーやオアシスらががザ・ジャムからの影響を公言するなど、後のイギリス音楽シーンに多大な影響を与えている。
1982年の解散以降、ファンはオリジナル・パフォーマンスを観る機会を失ってしまっていたが、時は流れて2007年。英『NME』誌で同年に「最も影響力のあるベーシスト」の第7位に選出されたベース/ボーカルのブルース・フォクストンを中心に、ボーカルにラッセル・ヘイスティングス、ドラムにマイク・ランドンを迎えてフロム・ザ・ジャムを結成。ソールドアウトとなった全英ツアーを初め、彼らのパフォーマンスは世界中で絶賛されており、元フロントマンであるポール・ウェラーも彼らのライヴには太鼓判を押している。

3月13日の『オール・モッド・コンズ』アニバーサリー公演に続く今回のライヴでは、「パブリック・ゲッツ・ホワット・パブリック・ウォンツ(公衆は公衆が望むものを手にする)」と題された往年のベスト・セットリストを披露する。世界を席巻したデビュー・シングル“In The City”からラスト・アルバム『ザ・ギフト』の楽曲に至るまで、まさにザ・ジャムのベスト盤とも呼べるセットリストを披露する。歴史的なライヴになること必至の超プレミアム・ライヴ!。この機会をぜひお見逃し無く!

また、それぞれの公演にはメンバー全員のサイン入りポスター等の豪華特典がつくVIPチケットを各公演20枚限定でご用意!ご購入はお早めに!


フロム・ザ・ジャムのラインナップは以下の通り。
ブルース・コクストン / Bruce Foxton (Bass)
ラッセル・ヘイスティングス / Russell Hastings (Vocal/Guitar)
マイク・ランドン / Mike Randon (Drums)

  • 主催: alive.mu
share 新規ウィンドウ