このイベントは終了しました。

このイベントは2017.12.01 (Fri)に開催されました。

イベントの詳しい情報はこちらをチェックして下さい。

購入

Live Electronica by TDME 2017”Patten Live AV Tour 2017 IN Tokyo”

  • 12.01 (Fri) DOOR: 18:00 START: 18:30 ~ 22:00
  • ELECTRONIC/TECHNO
  • Sapphire Slows
エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカに次ぐ才能、パテンの再来日公演が決定!

Line-up /
PATTEN , Sapphire Slows , Den Sorte Skole
エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカに次ぐ才能、パテンの再来日公演が決定!
東京公演には今年9月にパテン主宰のレーベルKaleidoscopeから3年ぶりのミニアルバムをリリースしたSapphire Slows、大阪公演には唯一無二のグルーヴで、世界的な評価を得ているmouse on the keysが共演決定!

patten | パテン
ロンドンを拠点とする新鋭プロデューサー、パテン。2006年にレーベル【Kaleidoscope】を設立しリリースした初期作品が高く評価され、グライムスやナイト・ジュエルらを輩出し、新人発掘に定評がある【No Pain In Pop】からデビュー・アルバム『GLAQJO XAACSSO』をリリース。ロンドンに無数に存在する異なるアンダーグラウンド・シーンが交差する場所から生まれた唯一無二の才能と称され、エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカらを引き合いに、【Warp】黄金期に通ずる実験性と音楽性の高さが絶賛された。2013年11月に【Warp】との契約を発表すると同時に、【Warp】からのデビュー作となるEP作品「EOLIAN INSTATE」を発表。その一週間後には、【Warp】と国立美術館のテート・ブリテンがコラボレートして開催したオーディオ・ヴィジュアル・イベント【Warp x Tate】に、ターナー賞も受賞している現代芸術家ジェレミー・デラー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ハドソン・モホークらと共に出演。2014年2月、2ndアルバム『ESTOILE NAIANT』をリリース。その後、2年振りとなる無料ミックス・テープ『RE-EDITS vol 2』を発表。"J $tash x Andy Milonakis x Kohh - HIROI SEKAI"のRe-editををはじめコクトー・ツインズ、ティム・ヘッカー、リハナ、デス・グリップス、サイプレス・ヒル、ジュリアナ・バーウィックらのパテンeditを披露し話題になる。2016年9月には3rdアルバム『Ψ』をリリース。トラップ、レイヴ、グライム、インダストリアルなど、ロンドンのモダン・クラブ・サウンドを解体、再構築した最先端ポップス!2017年6月には最新EP『Requiem』をリリース。


■CIRCUS Tokyo
3-26-16, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo 150-0002 Japan
+81-(0)3-6419-7520
info@circus-tokyo.jp

  • Sapphire Slows
share 新規ウィンドウ